SIDEBAR
»
S
I
D
E
B
A
R
«
太陽光発電の方法
9月 26th, 2013 by blogger

現時点で、地球上で使われているエネルギーのほとんどは、電力、石油、ガスだと思いますし、それらのエネルギーを明りに利用したり、料理、暖房、冷房などの生活に利用したりするのです。

石油は資源として採掘しますが、電気は作り出すものであり、熱源、光源、動力、化学反応などを利用して、発電しています。

例えば、原子力発電は科学反応、火力発電は熱源、太陽光発電は光源などをエネルギー源として使っています。

そのなかでも、太陽光発電は、太陽光を直接電力に変換するシステムですが、太陽光をつかった発電方法は、太陽光発電だけではなく、太陽熱発電があります。

太陽光発電が、太陽の光を直接電力に変換するのに対して、太陽熱発電は、太陽光によって発生した熱を閉じ込めて発電する方法であります。

この太陽熱発電は、発せられたエネルギーによってタービンを回転させて発電する方法であり、現存している発電所の、原子力、火力、水力発電なども同様な方法で発電していますし、他の発電所でも殆どがその発電方法であります。

つまりは、太陽光発電のような発電方法は特殊だという事になり、その他の発電システムとは違い、複雑な仕組みを必要としないので、環境にもよいですし、危険のないクリーンなエネルギーである理由のひとつになっています。


Comments are closed

»  Substance:WordPress   »  Style:Ahren Ahimsa